デジタル一眼を買ったら必ず読みたい一冊『世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書』


ブログ掲載用の写真を「もっとより良くしたい」と思い、私もようやくデジタル一眼レフカメラを購入した。デジタル一眼レフカメラに関する本を、いろいろリサーチしたが、『世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書』が非常に秀逸だったので、ご紹介したい。

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

 

監修が、ニコン カレッジと言うことで「Nikon製品に関する記載が多いのでは?」と危惧していたが、全然そんな事は無く、撮影の汎用的な知識が得られる一冊だった。DVDも付いててお得であるし、Amazonのレビューが高評価なのも、納得の一冊だった。(好評の為、続巻が2冊出版されている)

 

構成も分かりやすい

本の構成も分かりやすく、基礎から学べる内容。(私も、まだまだ勉強中であるが・・・)

 

 

こちらの本以外で言うと、上記写真に一緒に写っている『写真がかわいくなる デジタル一眼 魔法の撮り方ブック』も、良い本だと感じた。女性向けの可愛い装丁の本だが、内容は人気一眼レフカメラの「Canon EOS Kiss X6i」「Nikon D5200」「PENTAX K-30」、人気ミラーレス一眼の「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」「SONY NEX-5R」「Panasonic LUMIX GF5」を元に解説しているので、こちらの6機種のどれかを持っている人に、特にオススメしたい。

こういう写真を撮りたい」と思う、写真が満載で、読みこなしたい・使いこなしたいと思う内容だ。

写真がかわいくなる デジタル一眼 魔法の撮り方ブック

 

ちなみに、私が購入したカメラは、「SONY NEX-5R」。2013/05に、価格.comの最安値店にて、レンズ付きで52,000円ほどで購入したが、昔に比べて、デジタル一眼レフカメラもだいぶ安くなったものである。