【本】甲子園を沸かせた桑田真澄投手 入魂の一冊 『心の野球 超効率的努力のススメ』


今年の夏も、熱いセンバツ高校野球大会が始まった。1年生で甲子園の優勝投手になった、桑田真澄投手の著書『心の野球 超効率的努力のススメ』。この本は、全ての野球ファンに読んでもらいたい名著だ。

 

特徴を一言でいうと

がむしゃらな努力は無駄。そして、スポーツマンシップが大切。

 

Amazonでの内容紹介

がむしゃらな努力は無駄だ。一心不乱に根性だけで練習に没頭したことは一度もなかった。やるべきことを精査し効率性を重視しながら、練習を積み重ねていた ―。日々、闘う全ての男たちに捧ぐ、努力の天才が辿りついた「成長の法則」。そして、はじめて言及する盟友・清原和博との関係と、引退の真相。小さな大エースの全思考全感覚を凝縮。

桑田 真澄
1968年4月1日生まれ。大阪府八尾市出身。PL学園高校では1年生からエースとして活躍。1年夏、2年春夏、3年春夏と5大会連続甲子園出場。2度の 優勝、2度の準優勝、1度のベスト4。甲子園通算20勝は戦後最多勝利。甲子園通算計6本塁打も同期・清原和博の13本に次いで史上2位の記録。1986 年PL学園からドラフト1位で巨人に入団(背番号18)。2006年巨人を退団。ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約。2007年6月メジャーリーグ 昇格(背番号18)

~ 心の野球 超効率的努力のススメ 目次~

序章

第1章 努力

第2章 野球エリート

第3章 怪我は勲章

第4章 試練

第5章 超マイナス思考

第6章 無常観

第7章 指導者とは

第8章 

第9章 成長の法則

第10章 万里一空

第11章 感謝

第12章 桑田流プロフェッショナルの定義

第13章 因果応報

第14章 

第15章 プロセス

第16章 調和

第17章 挑戦

第18章 心の野球

終章、 あとがきにかえて、 全記録 – 桑田真澄の軌跡 -、 プロフィール

 

全体的に、桑田選手の人間的な優しさが詰まっている内容であると同時に、勝負の世界で生きていた厳しさも感じられる内容だ。清原選手・イチロー選手・王監督・藤田元司監督との会話などの記述もあるので、野球ファンならより一層、楽しめるだろう。

全18章と、本も厚いが、内容も熱い。自殺を考えた事や、父の死についても触れられており、入魂の一冊に仕上がっている。

ピックアップフレーズ

一番大事なのは質。超効率的に、そして超合理的に練習し、努力することで僕は生き残った。だからこそ、無駄な努力をする必要は一切ないと僕は実感している。

もう一つ、この本を通じて伝えたいことはスポーツマンシップの大切さだ (序章)

 

「目の前に起こったことはすべてパーフェクト」たとえ試練に遭遇したとしても、それは必然であり、乗り越えることで人は磨かれていく。(P52)

 

人はいずれ死ぬ。死に向かって歩んでいるのだから、自分で死を選ぶことはない。いつ死ぬかわからないからこそ、今日一日を精一杯生きなければならないのだ。(P83)

 

これまでのイメージやプライドは、どうでもいい。大事なのは、これから。人は、いつからでも、どこからでも、何度でも変われるという。やり直してみてはいかがだろうか?(P109)

 

事あるごとに中村監督が 「常に謙虚にな」 と言い続けてくれた。だからこそ高校時代、自分を見失うことはなかった。 (P124)

 

われわれ人間は、この地球で生きているのではない。生かされているのだ。その認識がとても大切。 (P157)

 

人間は自分一人では何もできない。だからこそ、周囲の人たちに感謝をしつづけたい。(P164)

 

けれど僕は断固ひるまなかった。20歳の若造だった僕が、「禁煙じゃなくて分煙です。プロの野球選手として体調管理は当然のこと。タバコを吸いたくないのに煙を吸わされるなんておかしいじゃないですか」 と言い張っていたのだから、生意気だといわれても仕方なかったかもしれない。 (P194)

 

右投げ、左投げ関係なく、聞きに行った。家まで押しかけたこともあるくらいだ。変に臆してもしょうがない。行動を起こさなければ何も変わらないし、短い野球人生のなかで、行動を起こさずに悔いを残したくはなかった。(P212)

 

そこで僕は彼に言った。「今日はあえて言うけれど、先輩とご飯だろ。それも気軽な焼き肉屋とかじゃなくて、こういう店というのをわかっていて、なぜそんな恰好で来たんだ?」  怒ったわけではないければ、社会人として、それも誰よりも注目を集める野球人としてのマナーを学んで欲しいと思ったから、そう伝えた。(P215)

 

人間にとって最も大事なのは、お金や権力みたいなものではなくて、心なんだ、ということを野球によって導いてもらった。(P277)

 

 

桑田氏の人間的な魅力が詰まった一冊と言える。監督志望との事で、理想の監督像についても触れているが、「魅力あるチーム」をつくりたいとする桑田監督は、かなり期待が持てると感じた。今後の更なるご活躍も楽しみだ。

 

関連オススメ書

清原氏の自伝。高校時代や、ドラフトについても率直につづられている。

桑田氏・清原氏の先輩 清水氏の本。(首から下が麻痺してしまったが、力強く生きていらっしゃる)

 

2冊とも、桑田氏に関する記述が多いので、『心の野球 超効率的努力のススメ』と一緒に、ぜひお読み頂きたい。