LISMO Book Store(au by KDDI )で、半額キャンペーン実施中!


昨年末、電子書籍端末「biblio leaf (ビブリオリーフ)」が発売され、特設サイトが開設されているので、ご紹介したい。端末の特徴としては、先に発売された「ソニーReader」に近いように感じる。

biblio

>> 電子書籍端末「biblio leaf」オフィシャルサイト

 

ビブリオリーフの、3つの特徴

公式サイトによると、ビブリオリーフの特徴は以下の3点。

1.本のように読める「電子ペーパー」方式を採用

目に優しい電子ペーパーを採用し、印刷した本のように読めるようだ。野外でも読みやすく表示でき、長時間の読書でも目が疲れにくいとの事。

 

2.本屋がそこにある「CDMA通信(3G)」「無線LAN」が利用可能

PC接続する必要がなく、24時間好きな時に、そのまま購入可能。これは、嬉しい。

 

3.本棚を持ち歩く「内臓メモリ2GB」

一冊あたりおよそ500KBのようで、最大約3,000冊が持ち歩けるそうだ。これは、この端末だけの特徴ではないが、たくさんの本を持ち歩ける点が、電子書籍の大きな利点であろう。

詳しいレビューは、<<写真&動画でチェックする【レビュー】 - S-MAX - ライブドアブログ>>で、チェックすると良いと思う。画像が豊富で、動画もあり分かりやすい。

LISMO Book Storeで、半額キャンペーン実施中!

電子書店端末とセットで、電子書籍ストアも、事前にチェックしておきたい。auは、LISMO Book Storeを開設しており、3月末まで、一部の商品で半額キャンペーンをやっている。取り扱われている本には、下記のような注目本もある。

 

興味のある方は、3月末までの安い期間にお試ししてみると良いだろう。

biblioキャンペーン