【本】童話でお金の怖さを痛感 『ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話』


2009年に発売され、話題になった、 『ヘッテルとフエーテル』。今、読み返しても、面白くて為になる。儲け話に騙されないための、自衛としても読んでおきたい一冊だ。

特徴を一言でいうと

最低限知っておくべき金融知識が、楽しみながら学べる!

Amazonでの内容紹介

なぜ人は、すぐに信じてしまうのだろう?
不安なことが大嫌いで、いつも不安をなくそうと考えている妹・ヘッテル。 お金が大好きで、いつもお金をふやすことばかり考えている兄・フエーテル。
激動の時代を生きる2人を待ち受ける「末路」とは――。
お金、仕事、友人、自由、幸せ……とは? 騙しの罠、国家のウソ、経済・社会の構造を暴く衝撃の書!   豊富なイラストとともに、やさしく解説する。

 

目次

第1話 ヘッテルとフエーテル

第2話 カネヘルンの笛吹き

第3話 ピノキオ銀行

第4話 アホスギンちゃん

第5話 ヤンデレラ

第6話 ヘッテルと7人のODA・NPO

第7話 王様の金はロバの金

第8話 裸のフエーテル様 あとがき

イラストが豊富で、ユーモアたっぷりの内容。かなり毒舌な内容で、救われないお金の話もあるのだが、非常に現実的な話が満載知っておいて損は無いというより、騙されない為にも、知っておいた方が良い話ばかりだ。

なお、各物語の後に、「グリーム婆さんのよくわかる解説」として、物語の教訓をまとめている、分かり易い構成になっている。

ピックアップフレーズ

本当に100%儲かるなら、わざわざ赤の他人に教える人間などいない」 これだけ知っておけば、この手のだましに引っかかることはなくなるのじゃ。 (P24)

 

儲け話や、夢物語を語る側の人たちは、流行をつくるけれど、流行に乗った人達のその後の人生には、なんの責任も取ってくれんぞい。(P41)

 

「おまえ、国と会社にだまされたのに、何も文句を言わないなんてアホすぎるんちゃうん?」(P74)

 

該当募金活動が、実は全部嘘でやっぱり1円も寄付されていないってこともよくあるんじゃ。(中略) ろくに調べずに、お金だけ出してよいことをした気持ちにならないように、しっかりと最後まで調べるクセをつけなくてはいかんのじゃぞ。(P119)

 

むかしから、色んな手口で大勢の人が騙されていて、それは私たちも例外じゃなく、いともかんたんにだまされること。 (あとがき)

 

本書は、Amazonでも70以上のレビューが付いている話題作だ。四コマ書評の「女子勉」でも取り上げられているので、そちらも参考にして欲しい。本書を読んで、生きていく上で、非常に重要な「お金」を知識を深めて欲しいと思う。