【本】 『誰も教えてくれなかった 運とツキの法則』 クレディセゾン社長 林野宏(著)


『誰も教えてくれなかった 運とツキの法則』サイバーエージェントの藤田社長 GMO 熊谷社長がブログで取り上げていたので読んでみたが、非常に面白い本だった。

 

特徴を一言でいうと

「感性」を磨いて、「情熱」を持ち続ければ、運とツキをつかめる!

 

Amazonでの内容紹介

「サインレス」「永久不滅ポイント」「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」など、カード業界でイノベーションを続けるクレディセゾン社長林野宏が語る。あなたは信じますか?会社も人生も変えられることを。

目次

まえがき

第一部 運とツキをつかむための大原則

第一章 勝運の引き寄せ方は、「勝つ」にこだわること

第二章 「運とツキの法則」を知る

第三章 勝負に勝つための「人間力」を高める

第二部 運とツキと企業経営とマーケティング

第四章 究極の運とツキは「情熱」以外にない

第五章 成功を導くためには人材を育てる

第六章 運とツキをまねくリーダーシップとは

【巻末付録】 運とツキの法則 西田文郎さんに学ぶ

あとがき

著者の林野氏は、昭和17年生まれ。人生経験豊富な氏のアドバイスが詰まった一冊であるとともに、「お薦め洋楽」「お薦め落語」なども紹介されており、遊び心もある読みやすい内容となっている。

 

ピックアップフレーズ

運とツキは万有引力の法則と同様に、この世に生きているすべての人の運に働きかける。 また、運とツキは刻々と流転するものであり、あっちの人こっちの人と移り変わっていく。 (P25)

 

私はよく、「一流と二流との差は、自分の成功イメージを持つか、持たないか」だといっています。(P33)

 

私に運とツキをもたらした発想の根本は、「顧客の立場になった場合、何が欲しいのか」を考え続けることでした。(P49)

 

つまり、今後活躍するビジネスマンの能力をはかる方程式は、「BQ(ビジネス感度)=IQ(知性)✕EQ(理性・人間性)✕SQ(感性)ということになります。(P97)

 

時間を生み出すことは比較的簡単なのです。仕事を早く仕上げてしまう訓練ができているか、いないか、であるからです。 (P110)

 

信頼感とはどこから生まれるのでしょうか。それは、日頃から「言行一致」を原則としている人です。同時に、言動にぶれがないこと「一貫性」があるということです。(P187)

 

 

「運とツキ」を掴むためにも、SQ(感性)を磨く重要性が説かれている。感性を磨くために、本・美術・音楽・演劇・旅行など、具体的なアドバイスも書かれていて、参考になる。ビジネスにも人生にも役立つ、味わい深い一冊である。