【本】目標設定の大切さが学べる 『賞金王 片山晋呉―「勝ち戦」からしか本当の勝ち方は学べない』


年が明けて、新しい目標を立てている人も多いと思うが、「大きな目標」を立てただろうか?今回は、ゴルフ界で、通算5度の賞金王を獲得している片山晋呉プロの著書を取り上げてみたい。

 

プロゴルファー片山晋呉のオフィシャルウェブサイト Club45
http://www.club45.net/

 

せんちえ風に、本書を一言でいうと

ゴルフ上達の本では無く、トッププロが書いた「成功する考え方」

誰でも、”その道”の賞金王になれる!

目次は以下の通り。

第1章   志を立てよ ~ 人間は、誰でも強く思えば、思ったようになれる。
● はっきりと具体的な目標設定の大切さ

第2章   その壁は乗り越えられる ~ 「こりゃかなわない」でも、諦めない
● 最初から上手くいくこなんてない。上手くいかないから、面白い

第3章   楽しめば、辛くない ~ ゴルフは仕事、その前に趣味。だから楽しい
楽しさはやりがい。それを見つけたら、しめたもの

第4章   「勝つ」秘訣がある ~ 失敗は考えない。「絶対に勝つ」と思いこむことが勝利への第一歩。
● 不安と恐怖が先走ったら、失敗する

第5章   必勝のマイプランニング ~ 用意周到な準備ができ上がれば、自ずと勝ち方の青写真が浮かび上がる。
● 運を育み・運を引き込む、成功への戦略

 

現在までに通算5度の賞金王を獲得している氏の言葉だけに非常に説得力がある。

プロ入りから直後の結果が出なかった時期も、「大きな目標を設定し、具体的に思い描いた」など、『どのように考えて行動しているのか』が良く分かる内容であり、いろいろと考えるヒントが詰まっている良書だ。

せんちえピックアップ

気に入ったフレーズを少しだけ挙げると、

(P7) 誰だって、いま生きているその世界での賞金王(トップ)になれる。そう信じて、日々ファイル満々の生活をお送りいただきますように。

 

(P26) 手っ取り早く1勝する技術養成方法と、近い将来賞金王を目指すための技術養成方法は違う。

 

(P85) プロ入りして味わったどん底生活。そこで方向転換していたら、もちろん現在の私はない。希望を頂き、自分を信じること

 

(P106) 要は毎日の仕事に対して、自ら進んで積極的に、そして常に前向きに取り組めるかどうかだ。その重要な要素が「大好き」かどうか、「やり甲斐」を感じているかどうかだと思う。

 

(P170) とにかくやってみる。その結果に後悔するよりも、何もせずに終わってしまったほうが、はるかに深い後悔が残ると、私は思う。

 

特に、今、高い目標に向かって頑張ってる人には、非常に参考になり、励みになることだろう。

ゴルフに関する技術的な話は、本書には出てこないが、ゴルフが上手くなりたいという方は、数年前に放送されていた【片山晋呉のゴルフレッスン「しんごる」 】が参考になるので、合わせてお薦めしたい。(特に、パターに関する動画は必見である)

 

賞金王