【本】マイケル・ジャクソンに興味がある人すべてに。『キング・イン・ザ・ミラー』


先週の10/16に、マイケル・ジャクソンに興味がある人に、注目の本が発売された。その名も、『キング・イン・ザ・ミラー』。この本は、小説であり、ビジネス書であり、音楽本である。

 

[追記]
>> 新刊JPニュース 『文芸界の“異端児”が描くマイケル・ジャクソン』
>> 47NEWS 『歌手マイケルの成功体験を小説化 清涼院流水さん』

 

本書の内容は、Amazonに掲載されている、「著者からの内容紹介」欄の、以下の記述が非常に的確だ。

この作品『キング・イン・ザ・ミラー』は、
マイケル・ジャクソンの生まれてから死ぬまでを描いた小説であり、
各章ごとに設けられたテーマに沿って成功哲学を学べるビジネス書でもあり、
そして、もちろん、マイケルの傑作群について語った音楽本でもあります。

191ページあるが、文字も大きくて読みやすく、2時間あれば読了できるだろう。

せんちえ風に、本書を一言でいうと

マイケル・ジャクソンの生涯で学ぶ、成功哲学。(+ 短時間で、マイケルの誤解がとける本)

ビジネス書好きにもお薦めの小説

Introduction 才能の謎、Chapter1  成功の謎、Chapter2  戦略の謎
Chapter3   再起の謎、Chapter4  栄光の謎、Chapter5 羨望の謎
Chapter6  失墜の謎、Chapter7  新生の謎、
FinalChapter 運命の謎、Outroduction 天意の謎、Anecdote  真実の告白

 

目次もビジネス書風だが、「Introduction 才能の謎」ではこんな記述がある。

天才と呼ばれる人たちは、例外なく、ほかの人たちよりも努力している。

 

このくだりでは、マルコム・グラッドウェル(著)『天才! 成功する人々の法則』を彷彿とさせたし、他にも、「Chapter1 成功の謎」では、

ナンバーワンになる人たちは必ず、そうでない人たちの何倍も練習し、経験を積み、いつ成功してもいいように準備をしている

という記述がある。他にも、こういった成功哲学の要素が多く、ビジネス書が好きな方にも楽しめる内容だと思う。

マイケル動画が見たくなる本

兄弟を含む関連人物が全員実名で登場するなど、もちろん小説としても、面白い。マイケル・ジャクソンの生涯が描かれており、時系列で代表曲も網羅されているので、読了後に、いろいろと動画が見たくなることだろう。

 

本のタイトルとも関連する、マイケルの代表曲「Man in the Mirror」の動画は、ぜひチェックしておきたい。

マイケル・ジャクソンの動画といえば、ムーンウォークを初披露した時の、Billie Jeanも一見の価値がある。(個人的には、この動画が一番のお気に入りだ)

他にも、「Thriller」や「Bad」などが、youtubeで気軽に見れるのだから、良い時代になったものだ。

 

translating “King in the Mirror” into English

大ヒット映画の「This is it」が、先日の9月22日(水)からレンタル開始された。「This is it」によって、マイケル・ジャクソンが再評価されたと思うが、本書によって、さらにマイケルの評価が高まりそうだ。「This is it」などで、マイケル・ジャクソンに興味を持ったが、もっとマイケルを知りたい人には、本書は、うってつけの内容である。

 

本書は、著者の公式サイトで、英訳版が出ることが予告されているが、実現すれば、海外でも注目が集まる、海外ウケする作品だと思う。

キング・イン・ザ・ミラー

最後に、約9分40秒とやや長いが、構成を含めて、下記動画をお薦めしたい。感動の内容だ。